So-net無料ブログ作成

電波 つづき 3

わし 難しいことはわかりまへんが。

6月2日、クリーンな民主党になってもらいたいと言って涙目で辞めたHATOYAMAは、その後人知れず韓国・中国・ロシア・アメリカを走り回っていました。
これは、急に騒ぎ出した周辺国への事前訪問だったことになる。
自分では油代の継続の了承が得られないと妙なことを言い、これまた同じく涙目でお辞めになった安倍性痔暇もアメリカをご訪問。
外務大臣をさしおいて、な~にをしにいったのかな~
アメリカも沖縄に基地はいらないと言っていたそうですが、急に態度をかえたらしく、基地にいすわりつづけ日本から思いやり予算を吸い取り続けることにしたらしい。

アメリカといえば、最先端の技術(超最先端)は人体実験しなければ気が済まない国民性。
日本に対する原爆投下、ベトナムへの枯葉剤の散布しまくり、外国人囚人に対する性病ウィルスの実験注射。
自由の国アメリカの性痔暇のおやりになってきた現実。

アメリカのご執心はマインドコントロール。
この歴史は古く、オノ・ヨーコ、ジョン・レノンの頃までさかのぼるという。
宇宙人をかきあつめ、超能力者の研究にも莫大な時間と金をつぎ込んできたご様子。
現在は脳の働きはすべて研究解明されつくされている。
どこをどうすれば、どういう人体の動きがおこるかは、すべて解明済み。
つまり、心臓を動かすことも止めることも自由自在。

プラスアルファは、ビルゲイツの登場。

小泉がご執心の電波。
今ではアメリカは電波専門の飛行機を8機常時飛ばせ続け、世界をくまなくピンポイントでコントロールできるまでになったそうな。
コンピューターとオペレーターだけを乗せた、この飛行機のお仕事はな~にかな~
キッシンジャーは、日本とアメリカは切っても切れない関係になっていることは日本も理解している、そろそろ外交は自分でやったらどうだと言っています。
小泉とブッシュから始まった切っても切れない関係=電波つながり

電波なしでは成り立たない現代。
ケータイ、パソコン、ロボットは日常化しています。

E.Tは、アメリカ政府の要望でつくられた映画という説もありますね。
今年の話題作といえば、これまたアメリカ映画のインセプション。
もったいつけて発表された主題歌は、ピアフの水にながしてだそうな。
異様な行動をし続ける性痔暇、閑僚、公無員、メディア。

な~にをかくしているのかな~

北海道のある地域では、見たこともない数字だけのナンバーの普通車が目撃されています。

長くなるので次回へつづく

つつけば、じゅるじゅると汚ったねー腹グロ汁がでるわでるわ、税金ドロボーの公無員。

あ~あ しんど。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。