So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

答え ★電波 4-4 のオマケ

わし難しいことはわかりまへんが


プーチンが泣いている。

いったい、誰に脅されたのでしょうか。

不正選挙の映像は、誰がインターネットに流させたのでしょうか。

ロシアの発電所(近く?)で大爆発。

中国の化学工場で大爆発。

これは、国連でのシリア制裁反対表明後の脅迫でしょうか。

中・露とも騒いでいない。

イランにやられると、ヤタニエフ(イスラエル)とオバマは大騒ぎ。

よほど悪事を働いてきたと見えて、自業自得。

世界は自分達のためにあるとでも思っているらしい。

国壊しの手先、地球壊しの使いっぱしり。

日本でも泣いた政治家がいましたね。

安倍、鳩山、海江田。


Kに向けて日本中が騒いでいた最中にテレビで、”思いどうりの結果が出ていない。”と、各党の代表がこっち
に向かって言っていた。

Kは、鳩山の顔もあった事をハッキリ記憶している。

Kが解決に向けて動き出した時、不思議に思っていたことだという。

自民党だけでやっている事ではない?ということ。

Kは、インターネット上に興味深い記事をみつけている。

http://www.asyura2.com/11/jisin17/msg/702.html  No.17

これで、全てのつじつまがあう。


大英帝国のチャーチル(落第ぼうず)が、明言を残している。

”政治は、国民が考えているような事で動いていない。”


この国に政治(府)と言えるものは存在していない。

管は、犯罪者キム・ヒョンヒを国賓扱いで招待している。

日本を韓国に支配させているのは、米。

米を支配しているのは、ジュー。

あのバチカンにも、ロスチャイルド銀行が入り込んでいる。

ダビンチ・コードを出版したのは、仏。

仏には、フリーメイソンの本部がある。

人口地震3・11後、ウィーンフィルの団員が、”道義的責任を感じている。”と言っている。

オーストリアは、ジューを大量に保護した国。

IMFの女理事のマフラーは、ピーナッツ(スヌーピー)のライナスの毛布。

マフラーがなければ、不安で公の場に出られないらしい。

よほど後ろめたいことがあるのだろう。(改革派前理事のエロ事件のでっちあげ)


前回ブログ4-4をUPしたのは12月20日、翌21日に鳩山の弟が自民党に復党したいと泣きつきましたよ。

どーしてかなー、バレバレ。


Kが民主党政権に送った文書の中のフレーズ”国民は、芯がぶれない政治を期待している。”を、ふてくされ
て、”芯がぶれなきゃいいんだろう。”と言った国壊しの手先の枝野は、せっせと国民殺しに邁進中。

年金掛け金のネコババ、機密費のネコババを無視し、放射能で大量被曝させ、増税へ。



Kは、ICCとOHCHRへ国際機関としての義務と責任を果たすよう、要求し続けている。

今だに何の返答もできないのは、この国の国家公安委員会と同じで、無かった事にはできないし、妙な回答
はできないし・・・という事だろう。

Kは政治家でもなければ、犯罪者でもなく、病気という事にもできない。

国際機関は誰のための機関なのか。

ジューか。

Kは、ジューに変態行為を続けられる筋合いはない。

小泉のお友達、オツムテンテンのブッシュの時にICCをぬけたのは、Kに対する犯罪行為の罰逃れのため?

イスラエルがOHCHRをぬけたがっているのも、同じ理由によるのでしょうか。

Kの家族は、Kに対する遠隔操作による変態行為等の人体実験に同意すると、印は押していないと言ってい
る。



Kの腕時計が、また突然5秒きざみで動くようになった。

今だに、くだらない小細工を続け変態行為を続けている理由は、頭が良いという事にしておかなければ存在
価値のない政治家、官僚、公務員の化けの皮をはがされたことへの嫉妬だろう。

日通のKUMAGAIは、”頭にくるよねー。”と言い、警察官のSUZUKIは、”嫉妬じゃないですか、あります
よ。”と言っている。

Kがセクハラ、パワハラにあっている事に気がついて、勇気をだして励ましてくれた小学生にプレゼントするつ
もりだった、Kが出版した絵本が3冊不足しているという。

不法侵入とドロボーの罪状が増えますよ、公務員の先生!



24時間、国中で騒ぎまくり、まるでロボットのようにKの体を勝手に動かし、こずきまわし続け、行く先々につ
きまとい異常な状況を作り続けていた最中にテレビで、”これ録画か、ライブかって思ってるよー。面白いから
来週もやろー。”とヘラヘラ笑って言っていた長谷川初範は、セイコーマートのCMに出ずっぱり。

このコンビニで売っているのは、このとんでもない現状の原因を作った町の名水。



薄汚い自分達の首をつなぐためだけに、Kのふんどしで相撲をとり続け(足の引っ張り合い)、莫大な税金を
使い今もやり続けている事は、Kに対する変態行為等の犯罪行為。


つつけばジュルジュルと、汚ったねー腹グロ汁がでるわでるわ、税金ドロボーの性痔家、閑僚、公無員。

  あ~あ しんど   引用はご自由に

下記へつづく

*******************************************************************************************************************

http://perfect-plot-past.blog.so-net.ne.jp/ http://perfectplot-present.blog.so-net.ne.jp/



























答え ★電波 つづき 4-4

わし 難しいことはわかりまへんが

この国は滅びると言って亡くなったのは、司馬遼太郎氏。
彼は良い時に亡くなった。
この体たらくは、彼には耐えられないだろう。

最先端の技術は人体実験しなければ気が済まない国民性のアメリカと手下の日本に、いつまでたっても執拗に電波による変態行為、殺人未遂等人体実験を続けられストーカー、脅迫され続けるkは、決死の覚悟でスイスへ向かった。
何の罪もないkのパスポートは、すんなり使えたという。

kのスイス滞在中に起こった出来事は、なんといってもウィキリークス騒ぎだ。
kがスイスについた途端に、スイスのテレビにアサンジが出演し、亡命したいと言ったという。
kはスイスでも手順をふんで問題解決に向かおうとしたが、弁護士やコンサルタント会社は怖気ずくばかりで
なかなか先に進まない。
資料の翻訳だけも引き受けられない、いくじなさだ。
kに向けるように、ウィキリークスが騒ぎだす。
アメリカの各国の政治家の評価がリークされ、クリントンが火消しずらしてヨーロッパにのりこんだ。
くさされた当のドイツのメルケルが、"そんなことはもうどうでもいい。"と言っているにもかかわらず・・・
何の目的でこんな騒ぎをしているのかと考えながら、問題解決に動きまわっていたkはネット上にすべての疑問が解けるような情報をみつけた。
http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20051108 、これ以外にも小泉がなにもので、ビル・ゲイツが何をたくらんでいるか等。
"ウィキリークスはリークさせられているのではないか。"というのがkの判断だった。
kはどんなに行きずまっても、ウィキリークスにかけこむことはしない。
アサンジは妙なエロ事件で逮捕され、イギリスに拘束された。
この時イギリスは、アサンジにエレクトリック・タグなるものをつけたと言った。
逮捕後アサンジは、思考停止したといわれている。
思考停止させられたのだろう。
スイスでも、銀行家がわざわざイギリスへ出向き、スイスの銀行に口座のある怪しい金のフロッピーをアサンジに渡している。
これはスイスにも、口座の持ち主(政治家20人ほど)に対しても強烈な脅しになる。
情報を手に入れれば、アサンジは用なしで、公開などする必要はない。
クリントンが、"ウィキリークスが宇宙生命体についてリークする。アメリカも公表する。"とCNNが報道した。
アメリカが後生大事に隠し続けてきた、宇宙生命体とマインドコントロール。
この時点でアメリカは負けた。
さんざん騒いでおきながら、ウィキリークスもクリントンも宇宙生命体について何の公表もしなかった。
kの合法的滞在期限3カ月が近ずいてくるなか、騒ぎはたちぎえになった。
kは身の安全を考えスイスに資料(経緯・証拠)のオリジナルとコピーをキープして、2月初めに帰国することにした。
kになにかあれば、ここから事実がスイスの庶民に知られる。
スイスで思うような結果を得られなかったkだが、最低限、身の安全を確保したことになる。
kの帰国直前に起こったのは、突然のエジプトの政変騒ぎ。
ここから、世界各国の崩壊が始まった。
このころから、アノニマスと言う名前を耳にするようになった。

kはニュージーランドの知人にも、内容を知らせずに資料を送り、預かってもらっていた。
帰国後、ニュージーランドのスイス大使館へ行こうかと考え始めたら、2月あの地震が起きた。
kが資料を送ったのは、昨年の夏ごろだという。
日本では大きく報道はされていなかったが、このころニュージーランドで地震が起きている。
妙な一致に不気味さを感じたkだ。
知人は間一髪で難を逃れている。

ニュージーランドへ行くことはできなくなったkだが、スイスに戻るには3カ月待たなければならない。
漫然と時間潰しをすることなく、どんどん次へ進むkに、脅迫のつもりだろう、地下街でフラッシュをたき、写真をとった奴がいるという。
kは自分の行動が証拠になることを、十二分に自覚して行動している。
kは自分達で解決するよう日本政府にチャンスを与え続けている。
冷静に考えればどこにも逃げようがない事など理解できそうなものだが、悪人というのはどこまでも悪人らしい。
いったいどうやって答えを出すつもりかと不思議に思っていた矢先に起こったのは、3月11日の大地震だ。
なんとこの時も、スイスで知り合ったkの知人が東北に里帰りしていたという。
この知人も、難は逃れた。
これは人工地震だ。
kに使っている最先端の技術をつかえば、こんなことも簡単にできるということだ。
放心したような管が、"地震後アメリカが官邸に乗り込んでいた。"と言っている。
のらりくらりと実態隠しをして、被爆者の数を膨大に増加させたのは、だれの指示によるものなのか。
支援という名のもとに一番にこの国に乗り込んできたのは、イスラエル。
第一声は、"放射能、そんなものは織り込み済みだ。"という不気味なものだった。
マスゴミは一斉に"日本は一つ。"と放送をはじめる。
kは、妙なCMを見ている。
矢沢えいきちが、画面に大写しになり"一人で生きていけると思っているのか。"と言ったという。
おや!この人誰のまわし者。
あんた誰に向かって言ったんですか。

kのペットの亀は、3月11日に殺されている。

スイスで思うような結果が得られていなかったkは、行き先をカナダに変える。
4月末カナダに出発するにあたり、kは車を処分した。
kの車はスズキの軽。
手続きに必要な書類は、役場からスズキに送らせることにして出発した。
その書類には、犯罪者YAMAZAKI町長の印が必要だ。
kのカナダ滞在中に起こった出来事は、アメリカのビンラディン殺しのでっちあげのバカ騒ぎ、死体も見せることができずCTVでは、オバマとブッシュを笑い飛ばしていたという。
お次はIMFの前理事カーン氏のエロ事件のでっちあげ。
これもCTVでは、"ありえないー。"と笑い飛ばしていたという。
でっちあげた当のアメリカが取り下げている。
この時アメリカがカーン氏に付けたものは例のエレクトリック・タグ。
IMF改革派だった彼は、フランスの政財界から姿を消す選択をした。
kは、オタワの国の機関とCBCテレビに簡単な文書を送り、返答を待った。
kは、ただ長居するつもりはなく1ヶ月後の帰国までに結果を出すべく、実力行使に出る。
kは、バンクーバーで2日間拘束されたが、お墨付きを手に入れた。
日本とアメリカの犯罪行為が事実であり、kを犯罪者にも病気という事にもできないという事だ。
kの行動はすべてが証拠だ。
カナダで法的に認められている2日間の拘束期間の間に、自分達だけですべてを調べあげたというから驚きだ。
kは何も聞かれていない。
屈強な係官たちが、”フリーメイソン、スケアりー、スケアリー、スケアリー”と言っているのが聞こえていたという。
kは、サンドマンホテルの妙なカードへのチャージ方法に気が付いていた。
VIZAカードの会社も今までに経験がないという、前代未聞のk向けの世界仕様を作ったらしい。
全く根拠のない金額をカードにチャージし、10日後に自然消滅するが、訂正はできないという代物。
kの帰国前日、CBCテレビから聞こえてきたのは”ジューがカナダを支配している。”だったという。
オバマは出生疑惑でたたかれ、残り1時間で予算を認めてもらい首がつながった。
さんざん騒ぎまくっていたお騒がせクリントンは”毎日が歴史的な瞬間の連続で、これ以上のやりがいは考えられないので1期でやめる”と妙な言い訳をしている。

管は浜岡の原発をとめた。
スズキの本社は浜岡にある。
おや、スズキに事実を知られましたかね。

なんの罪もないkに、死んだほうがはるかに楽だと思える異常な人体実験をやり続け、これだけ大掛かりに騒ぎまくっている目的は・・・

kにはやり残したことがある。
kには、正常な生活をする権利がある。
kはICCとOHCHRへ問題解決の依頼をするため、10月に再度スイスへ向かうと決めた。
途端に、イギリスにあるスイスの銀行UBSの子会社が莫大な損失をだした。
あのUBSが”今回の損失で会社が潰れることはありません。”とコメントしなければならない程のダメージをあたえている。
スイスに対する強烈な脅しだ。
kのスイス滞在中には、マードック騒ぎでイギリスのキャメロン,中国の温家宝等政治家が肝を冷やし、
ダライ・ラマも政治から身を引いた。
"ブルータス、お前もか。"
kはこの時、まともな政治家がこの地球上からいなくなったと直感したという。
カダフィを見せしめに長々とつつきまわし、キャメロンとサルコジが手に手をとってリビア入りし殺して見せたが、同時に庶民は多数巻き込まれて殺されている。
あのエロババアのクリントンでさえ、"どうなるかわかっているだろう。自首しなさい。”と憐みのコメントをしていた。
政治家には使わないという取り決めでもあるのだろう、kに使っている電波による遠隔操作をすれば、簡単に殺せるものを・・・
日本でもスイスでもカナダでも庶民には使いまくっていた。
堰を切ったように、アメリカとイギリスが宇宙ホテルと叫び出し、フランスがアンチエイジングの薬ができたと言い、イスラエルがパレスチナの囚人1000人を解放した。
パレスチナに知られたら困る事でもあるのでしょうか。
アメリカ政府は、CIAと極秘でやっていた事があったと暴露した。
これは、オバマの延命工作。

クリントンが、ウィキリークスが宇宙生命体についてリークすると騒ぎ、ロシアが近々宇宙文明に遭遇するとでしゃばった発言をした理由は、何だったのか。
アメリカの代わりに、JAXAのはやぶさの責任者が”宇宙人はいます。アメリカは地球と同じ環境の星をもう見つけています。”と言った。

鳩山は"自分は宇宙人だ。"と何度も真顔で言っていましたよ。
まだ地球にいる?
友愛、友愛と呪文のようにとなえつづけていましたね。
国会議員の中で、鳩山だけは株価の暴落による金の損失を免れている。
これは何を証明しているのでしょうか?
kが聞いたフリーメイソンなるものを、ウィキぺディアで調べてみるといい。

日本壊しに加担し、自分の番組で宇宙人に"友達!"と命乞いしていた使いっぱしりのビートたけし君は、放射能で汚染れた日本で毎日稼ぎっぱなし。
うれしいですか、たけし君。

日本中でk向けに騒いでいたテレビ、新聞、ラジオ等のメディアと政治家、官僚、公務員は、宇宙の安全地帯にでも誰かと一緒に行けると勘違いしていた?
それとも国民を自殺の道ずれにしたかっただけ?

マスゴミNHKが興味深い番組を放送した。
イスラエルがイランの核施設にサイバー攻撃を仕掛けたという事実。
軍備など金の無駄でIT専門家を雇えば安く他国を潰せる。
イスラエルは”サイバー攻撃を兵器と考えている”とインタビューに答えている。
kがICCとOHCHRへの文章をワードに下書きし始めた途端、妙なファイルが勝手に保存されたという。
何と!ウィンドウズでは開けないとコメントが出る。
やっているのは誰。
ウィキリークスのお次はアノニマスでしょうか。
正義が聞いてあきれる。

親の金で食ってきただけの叩けば埃だらけの無能なガキ(小泉、安倍、福田、麻生、谷垣、鳩山、小沢等)つでに官僚、公務員、こいつらを牛耳っているのも親の作った膨大な資金をもっているだけの地球壊しの気違い野郎。
権力闘争のためだけに地球があるとでも思っているらしい。
何様のつもりだ!

このとんでもない現状の原因を作ったのは、人口3000人の名水の里の行政と日本通運。
kの誕生日4月4日に、例の銀行強盗を公表した日本通運では、KUMAGAIが”こんな事ってないよねー、記憶に残る仕事だ。公務員らしくグジグジやるか、防衛省、俺たち困らないもん。”と言っている。
証人は、この町の議員KIKUCHI(弟)。

自分達の首をつなぐためだけに莫大な税金を使い続けてやっていることは、kに対する変態行為の人体実験。

庶民はこんなチンケなクズどもを恐れる必要などない。
日本には各分野に世界的な天才が多数いる。
知恵も技術も持っているのは庶民だ。
この国には、kという証拠がいる。
役場の窓口にでも行って質問してやったらどうだろう。
"あんたたち、税金泥棒だけでなく機密費泥棒して仕事で変態ゲームをやっているそうですね”と。
鳩山と小沢が自分達で証明済みだ。
kのフンドシで検察に圧をかけ続け、6月4日に辞めるつもりだったのに6月2日に辞めたのは6月1日のkのファックスがあったから。

口は言葉(事実)を発するためについているんですよ、野田ブタ君!

つつけばジュルジュルと汚ったねー腹グロ汁がでるわでるわ、税金ドロボーの性痔暇、閑僚、公無員。

   あ~あ、しんど。   引用はご自由に

答え ★電波 つづき 4-3

わし難しいことはわかりまへんが

日通の事務所には、”ヘンタイバカボン、メロン チンチクリン、ヘンタイ エロ会社”
YAMAZAKIの家には、”テーノー エロ オヤジ”
SAKURAの事務所には、”イモ エロ ジジイ”
KIKUCHIの事務所には、”プー クッサー クサヤタヌキ”
KOMABAの家には、”エロ ブタ”
その他にもレッテルをはられているやつらがいる。

事実を知っているので、町民はゲラゲラ笑っている。

これ、報道もされなければ、警察も動かない。(報道できない、警察も動けない)
そのうえ警察は、”私たちは変態行為には加わっていません。”と言い訳している。

日通、役場、警察、自衛隊は、間違いなくパソコンに向かって変態行為をやりまくってきた。
24時間ありとあらゆる人体実験をやられつづけるKは、”いったいどれだけの人間がかかわり、どれだけ莫大な金を使っているのか。””変態行為をやられ続ける理由は何なのか。”と考え続けていた。
日通の熊谷は”頭に来るよねー。”と言い、警察官の鈴木は”嫉妬じゃないですか、ありますよ。”と言っている。

Kが引き出した答えは、機密費だ。

この国の性痔暇、閑僚、公無員が国民の税金を使ってやってきたのは、目に見えないことをいいことにして、PCに向かい24時間仕事として変態行為をやりつづけること、脅迫、ストーカーを続けること。
台風、地震等で国民が大変なおもいをしている時も、おかまいなしにつづけている。
これがこの国の実態。

KOMABAは、イーハトーブをイートハーブとチラシに印刷し、町内に配布したというから驚きだ。
本など読む気はサラサラなく、パソコンに向かいエロゲームばかりやっている税金どろぼーの公無員達の氷山の一角。

この国でできることをすべてやりつくしたKは、決死の覚悟でスイスへ向かう。
パスポートはすんなり使えたという。
つまり、Kをさんざん脅迫しストーカーしまくっていたのは、自分達が犯罪者だからというこになる。

スイスでは、弁護士、コンサルタント、翻訳家に会うがスケールの大きさに誰も手をかさない。
Kの動きに合わせるように、ウィキリークスが騒ぎ、日本の周囲でドンパチやり、アメリカが宇宙生命体について公表すると騒ぎ出す。

Kは、自分達で問題解決をするよう、奴らにチャンスを与え続けている。

アメリカが後生大事に隠し続けてきたマインドコントロールと宇宙生命体について公表しなければならなくなったのは、日本とアメリカが何の罪もないKに対してやりつづけてきた、最先端の技術をつかった陰険で低俗で凶暴で執拗な人体実験の事実、おまけに調子に乗りすぎて失敗した事実を庶民に知られているからだ。

協力させられたKの知人達は、“こうなるはずじゃなかった。””解決していると思った”と言っている。

原因を作った陰険で嫉妬深い田舎者のKの家族は、YAMAZAKIに協力してKを病院に入れ、記憶喪失にさせ、変態行為の人体実験に協力しているというから驚きだ。

この家族”親の資格を欠いている。”と町民に言われていた、異常者だ。

親に似て、陰険な性格のバカ息子は、さんざん甘やかされてKに嫌がらせをすることだけを考えて生きている。
自分たちがKにやりつづけてきた犯罪行為を見逃してもらうため、YAMAZAKIに協力し、問題解決に失敗した後も、”あんたのことは、アメリカ大統領までいくかもしれない。””YAMAZAKIが、あーだろうかこうだろうかと言うから、最初からやらなければならない。””裁判だ、警察だ。””荒いことは考えないでくれ、山売ったら一生生きていけるから。”と、ぜんぶバレるようなことを平然と言っている。
このバカ息子は、YAMAZAKIに協力して、札幌の大丸デパートの本屋で万引きし、Kに身元引受させている。
駅前交番のオマワリは”540円の本です、540円。”と,さも意味ありげに繰り返していたという。
全く仕事をする気がなく、人にたかって食うことしか考えていないこの息子、Kが父親宛てに送った手紙をドロボーし、勝手に破棄している。

周囲がすべて異様な状況の中でKが生き抜いてきたのは、”自分を殺すことなど簡単にできる、自分から死ぬことはない。”という思いと、ペットの亀までこずきまわし殺されたことへの怒り、自分の作った筋書きへの強い思いだ。

Kの作った筋書きには、面白いオマケがついている。
”私たちの誰かひとりでも口を開けば、スルスルと編み目がとけて奴らの黒い腹がまるみえになる。”だ。

福島の原発の大爆発(アトミックボムNo.3)の直後、アメリカが日本政府に入り込んでいた!!と、のうのうと発表したのは管内閣。

この国どこの国?!?!
(小泉の時から続いている切っても切れない電波つながり)

震災後、東北地方を食糧基地にする?!?!と発表しました。
誰が食べるのでしょうか。

性痔暇、閑僚、公無員がたべればー。

中国人が自国の食糧を信用しないのと同じ状況を作るつもりらしい。
どうりで、中、韓ドラマばかり見せられてますなー。

この国どこの国?!?!

震災復興のために増税する?!?!
国民の税金にたかって食うことしか考えず、自分達の逮捕逃れに逃げ回り、目に見えないことをいいことにして変態ゲームにうつつをぬかし、無能でワイロをせしめること以外何の仕事もしていない犯罪者ダニの、性痔暇、閑僚、公無員が全員辞めれば金がうく。
原因を作ったのは、こいつらですからね。
(国民の年金をネコばばするやつらですからねー。)

マスゴミは”自分達、言われたことしか言っていない気がする。”と言い、”必死で、私達が管政権を支えてやっている。”と言っていました。
ついでに、くだらないマスゴミ、テレビもやめたらどうですか。
電力消費の無駄がはぶけます。
(小泉のときから始まった、ご臨終メディア)

国民は、税金どろぼーのこいつらを食わせる必要も義務もない。

未曾有の災害と騒ぎたてていますが、これすべて人災です。

枝野は、震災後機密費を有効に使っていると言っている。
自分達のボロ隠しに使っていますとさ。
税金で機密費の元をつくってやっていた被災者には、1円もわたっていませんでしたね。

Kは、自分達で問題解決するよう、やつらにチャンスをあたえつづけている。

Kの作った筋書きの、面白いオマケ。
”私たちの誰かひとりでも口を開けば、スルスルと編目がとけてやつらの黒い腹がまるみえになる。”

わしら、庶民が証人で、性痔暇、閑僚、公無員のバカを丸裸にできるということですわ。
みんなで渡れば怖くない!!ですわ。

長くなるので次回へつづく(引用はご自由に)

参照:http://perfectplot-present.blog.so-net.ne.jp/ http://perfect-plot-past.blog.so-net.ne.jp/

つつけばジュルジュルと汚ったねー腹グロ汁がでるわでるわ税金どろぼーの公無員

あ~あ しんど

電波4-2の冒頭にKIKUCH(兄)、役場、支庁、道庁、警察、報道の化けの皮をはぐ文章を入力しましたが、
ブログに反映されていません。








答え ★電波 つづき 4-1

わし、難しいことはわかりまへんが。

小泉の時から始まったメディアの異様さは、数えあげればきりがない。

作家村山由佳氏の特別番組で、氏は、北海道にあずけてある彼女メスの持ち馬に”ジャックー”とよびかけていました。
安住紳一郎氏の食べ歩き番組にゲスト出演したMr.マリックは、請求書の上にJのトランプカードをのこして姿をけしました。
安住アナウンサーは、”高いなー”と言っていましたね。

さて、北海道の田舎町、名水100選にも選ばれた、この町の町長の名前はYAMAZAKI
SAKURAもこの町の住人、ごていねいにYAMAZAKIとは親戚だそうな。
10月末になっても、この町のSAKURA組の工事の交通誘導の旗だけは、赤と青

この町が、騒ぎの核心だということになる。

ジャック(J)という人物は、確かにこの町にいた。

問題があるとすれば、教育委員会によるKという人物に対する娼婦の強要だろう。全く相手にしないKに、上司のKOMABAは、”お前、いい年こいてこれからなにやるつもりだ。”と言い、Jが新人教師とデキちゃッた後、”だからお前がやれっていったべやー。”と言っている。
Kを娼婦にしようとたくらんだのは、この田舎町には不似合いな北海道の商工会頭をやっていたSAKURA、町長のYAMAZAKI、教育長のONODERAだというから、あきれる。

こいつらエロおやじが食うために必要な娼婦の仕事なら、こいつらの嫁か娘がやればいい、どうせこいつらに似て、低能変態エロ家族だ。

こいつら犯罪者は、この犯罪行為を隠すために、教育局、警察署、病院、ハローワークと、どんどん周りを巻き込み雪だるまのように、騒ぎを大きくしていった。

この事件が起こった時の総理大臣は、小泉だ。
オツムテンテンどうしの仲良しブッシュは、人体実験が大好きなアメリカ人で、拷問もお得意。

この仲良しコンビがこそこそ決めたことは、ご執心の電波による人体実験

馬鹿なオツムに不釣り合いな権力を使いまくり、メディアを巻き込み国民を巻き込んで異常な騒ぎをどんどんエスカレートさせていった。

11月5日
”面白れー!今までで一番面白れー!”で始まったサタデーウェイティングバー・アバンティー
”やった人間がいる、結末は書かないでくれ。”と言ったのは、ゲスト出演した作家の北方謙三。
一般向けには、ゲスト飯島直子さんの番組を放送している。
なんと、これKに向けたラジオの裏番組だというから驚きだ

ラジオ番組アイランドブリーズ・フロム・ハワイでは、K向けに”急に引っ越すっていわれてもねー”と、妙なコメントをさせている。

この時同時にやり始めたのは、Kに対する人体実験の拷問。

ピンピン、リンリンとKの体のまわりに音をだす。
ソファーに座っているKの手を、勝手に動かして見せる。
Kの体を猛烈な力でおさえこみ、起き上がろうとしても起き上がらせない。
眠ろうとするKの閉じた目に、映画のように映像をだす。
昼寝をしておきたKに、”お昼寝のじゃまをしてすいませ~ん。汚いものは水に流しましょう、洋式とか和式とか~。”とメールをいれる。
突然始まった異常な状況にとまどうKの頭に、”うまくいかないな~”という言葉をだす。
民放の巻山アナウンサーは、”こんな大きなことをして、本人はポカンとしている。”とコメントしている。
早く解決しようと、“1週間で解決するから。”と知人に言うKに、”1週間!”とにらみつけさせる。
頭にチップでも埋められたのだろうか、眼鏡にしかけでもあるのだろうかと考え続けるKを、ソファーの上で電気ショックのように、しびれさせ動けなくしてみせる。
逃げ出しもせず、何とか解決しようとするKに、どんどん異常な状況をエスカレートさせていく。
24時間、ピンピン、リンリンと体のまわりで小さい音を鳴らし続け、冷蔵庫を猛烈な音で鳴らし続け、ジャージャーと水を流す音を出し続け、救急車、パトカー、重機の音を休みなく鳴らし続ける。
疲れてくるKに、ペットの亀を何時間も動かし続けて、見せつける。
風呂にはいれば、”早くうごけ!”と頭にだし、背中をグイとどずく。
ヒーターのスイッチを、勝手にON,OFFしだす。

これすべて遠隔操作(電波)でできると言うから驚きだ。
このままでは殺されると判断して、田舎町に戻ったKは、家族に病院に入れられ一時記憶喪失にされている。

退院したKに、家族は”下駄をあずけられたな。”と言い、担当のUSUI医師は”能力はおとしたよ。今度やったら、もっとおちるよ。”と堂々と、言い放っている。
この医師、自分が薬に頼らなければ、まともに仕事もできない精神患者らしい。
病人にされたことに怒りを感じ、Kは即、薬をやめている。

次の年の11月5日
おとされた能力は、自分で脳の回路をつなぐと決心して社会復帰することだけを考えていたKに、町民知人メディア等国民をまきこんで、また異常な状況をつくり、どんどんエスカレートさせていく。

普段は10台も通ればいい田舎町に、24時間ひっきりなしにワーワー車をはしらせ続ける。
どこからわいてきたか思うほど、ぞろぞろ人をあるかせ続ける。
Kの行く先々で異様な状況を、作り続ける。
TVでは、谷亮子が”次はどうするの?”とこちらに向かって言い、Mr.マリックが”言っちゃおうかなー、SAKURA”と言い、泉ピン子が、突然”YAMAZAKI"と言い、国家の品格の著者が、”山は降り方が難しい、いっきに下まで落ちる人もいる。”とこちらに向かって言う。
ニュースに出ている日本ハムの選手が手を脚の間に不自然に入れているのを、アップにしてみせ、相撲の掲示板が故障したまま何カ月も過ぎ、長谷川初範が”これ、ライブか録画かって思ってるよー、面白いから来週もやろー”と言う。
Kの腕時計を5分刻みで動かしだし、Kの前にクロマツと書いたナンバーの車を割り込ませ、ピンピンリンリンKの体のまわりで音を出し続け、ぐいぐい内臓をうごかし、体をつんつんこずき、人や車をワープさせて見せ続ける。
Kの携帯の画面を突然変え?マークをつけ、ピーピー音をならし、残金をいきなりゼロにする。

Kという人物、信じられない冷静さと意志の強さをもっている。
マスコミが騒ごうが、周囲がどれだけ異様であろうが、24時間人体実験の拷問をされ続けようが、普通に生活しとうしてきた。

24時間続けられる拷問に、どこにいても同じだと考えたKは、日本通運に勤めた。
この日本通運で、Kにすべてがばれることを言い、やっている。
勤め始めたKに、“仕事を覚えられて困る。””誰も助けてやれなかったから、おれたちが何とかしてやる。””おれたちは、公だ。””どこへ行くにもこんなんで、嫌じゃないのかねー。”と言い、奇妙に思うKに、周囲は騒ぎをどんどんエスカーレートさせていく。
所長の高橋は、”本気だすぞー。”と言い、社員の中住が“暴挙に出た。”と言うほど拷問をエスカレートさせていく。
パソコンに向かって、五十嵐係長が、”良く反応するねー。”とへらへら笑ったとたん、Kの陰部に違和感がでる。
同時に、外で運転手がいっせいにゲラゲラ笑う。
社員の本間と早坂が痔の話をしたとたん、Kの肛門に違和感がでる。
どうして日本通運でこうなるのかとKが考えたとたん、高橋が”情報の共有。”と言う。
Kは、口を開いていない。
Kが頭で考えたことに、高橋は答えている。
わいせつな夢をみせられて会社に行くと、片石課長が”パンツ脱がして、逃げたんだとよー。”と笑う。
食事をしようとするKの頭に”チンポ”と言葉を出す。
Kの腕時計を逆まわりにしてみせる。
本間に”幻覚見せるよー。”と言われ、給湯室へ行くと、テーブルだけがグラグラゆれる。
この会社に、特に変わった機械が置いてあるわけではない。
どうやって、やっているのか知りたいと思うKに、本間は”どれだけひどいことをされたら、怒るんだろうねー。”と言っている。
開いている窓を、誰もさわらないのに、スライドさせて閉めて見せ、陰部をこずきまわし、肛門に違和感をだしつづけ、わいせつな夢をみせつづけ、夜中の決まった時間に目を覚まさせ、車や人をつきまとわせ、ピンピンリンリン音をまとわせ続けても、普通に仕事をしとうすKに、片石は”おれたちが、役場に頼まれて何でこんなに金と時間を使って苦労しなければならないんだ。”と言い、熊谷は”公務員らしく、ぐじぐじやるか、防衛省。おれたち困らないもん。”と言っている。
業を煮やした下司は、安倍首相の顔をみせKのパソコンの画面に警告文をだす。
いくら脅迫しても、拷問を続けても騒がないKに、高橋は”冷静な人ですね。あんた病気じゃないですから。あんた、端末ですから。”と言い、”解雇というかたちでは、傷がつくので。”と言っている。

この騒ぎの証人は、この町のKIKUCHI議員だ


Kと一緒に行った日通で、”キツネにつままれたようだ。”と言うKIKUCHI議員にむかって、高橋は“役場のかたもつわけじゃないけど・・・”と言い、熊谷は”おれたち、そんな全部ばれるような事いった。”と言い放っている。

   長くなるので、4-2 へつづく (引用はご自由に)

つつけばジュルジュルと汚ったねー腹グロ汁がでるわでるわ税金どろぼーの公無員。

あ~あ しんど

裏番組出演の口止め料にもらった勲章は嬉しいですか、北方謙三君!




答え★ 電波 つづき 4-2

わし難しいことはわかりまへんが

この町にもう一人いる悪が、KIKUCHI(兄)だ。いっさい報道されていない。悪兄を心配した弟は、Kのネタで警察と取引している。

周囲が全員敵の異常な状況のなかで、Kがやられ続けていたのはストーカー、脅迫、殺人未遂、陰部をこずきまわし痔様をだす変態行為、体中をつんつん突きまわし痙攣させ、奇妙な夢をみせ、毎日決まった時間に目をさまさせられ、ピンピン幻聴をだし、人や車をワープさせてみせ、幻覚をみせ、1秒もプライバシーのない遠隔操作(電波)による人体実験。

24時間続けられる拷問に黙って耐えているだけだったKが、動き出す。
警察に捜査願いをだす。
事実を突き付けられ逃げきれない警察は、経緯を認め、やられている方は大変ですねと言いながら、逃げ回る。
国家公安委員会へ捜査をするよう文書を送っても、回答もこない。
自分にも人権はあるだろうと、扱ってくれる弁護士を探す。
議会で取り上げるよう、資料をわたす。
悪兄KIKUCHI議長は、この資料を握りつぶす。
この男、プンプン臭うクサヤタヌキ。
弁護士探しの最中に、とんでもない事実が判明する。
警察が逃げ回って起訴もされていないのに、あの日通が早々と控訴依頼をしているというから驚きだ。
つまり、自分たちは犯罪者ですということだ。
Kに動き出され、事実が広まるのと同時に、犯罪行為をどんどんエスカレートさせている。
Kに対する変態行為の拷問はもちろんのこと、邪魔になった、自分たち犯罪者の協力者のKの家族を外で転ばせて骨折させ、家の中で転ばせて肋骨を強打させ、両脚を強烈に痙攣させて歩けなくさせている。
弁護士もしり込みし、引き受ける人がいない。
メディアもグルでやってきたてまえ、Kの問題は公表しない。
こんな状況の中で、Kの心のささえは、この騒ぎに巻き込まれた知人たちの言葉だ。
”こうなるはずじゃなかったんだ。””解決していると思っていた。”という正直な言葉。

Kをこずきまわすことに国中で騒ぎまくった愚かな自民党に、国民の逆風が強まって政権交代。

Kは、共産党、弁護士、民主党に経緯を送り問題解決を頼む。
また殺人未遂した自民党につけられたのは、機密費のネコババ2億5千万円。

さて、政治と金の問題をかかえている鳩山と小沢。 自分たちの逮捕逃れにKの経緯を握ったままちらつかせ、何の解決もせず、検察に圧をかけまくっている。
官房長官の平野は、”あなたたちが聞いてー。自分の口から言わないのが人の道だと思っている。”と、ふざけた事を言っている。
電波を管轄する総務大臣の引き継ぎをせず、逃げまくっていたのは、麻生に引っ張り込まれた佐藤、前職は国家公安委員長。
政治資金オンブズマンも、鳩山と小沢に都合よくうごいている。
6月1日、Kは千葉景子宛に再度問題解決要求を突き付ける。辞めないと言い張っていた鳩山と小沢が辞任を決める。
6月2日なんの解決もしないまま、鳩山と小沢が辞任した。
鳩山は政界引退すると言い、小沢は”みなさんの前へ出ることはない”と言いきっている。
共産党の志位は”逃げたな”と言いました。

Kを簡単に殺せるのに、殺せない理由がある。
この小さい田舎町の住民は、すべての事実を知っている。
教育委員会の陰険で執拗で低俗な犯罪行為に怒ったKが作った筋書き、”表面上は何も無かったことにするが、悪い奴の首がひとりでに絞まる”が、いきつずけているからだ。
ONODERAとKOMABAが、自分たちが悪いことをしたと口外しなければ首がつながらない筋書きをつくり、そのとうりに口外している。
Kは、すでに、娼婦の強要の親玉SAKURAの首を切っている。

この田舎町で始まった、権力をかさにきた公務員、議員、町長の犯罪行為をかくすためにどんどん周りを巻き込んで自分たちで騒ぎを大きくしていった。
なんの問題解決もしない税金どろぼーの性痔暇、閑僚、公無員。

Kは身の安全を確保するため、経緯を、新聞社、週刊誌、作家、テレビ局、出版社等へ送って事実を知らせている。
つまり、この国は証人だらけだということだ。

小泉は、郵政民営化と地デジで莫大な賄賂を手にしているはず。
自分達公無員の犯罪行為を隠すために、Kを人体実験に提供した対価は莫大な金額だったんでしょうねー、小泉君!

長くなるので次回へつづく(引用はご自由に)

つつけばジュルジュルと汚ったねー腹グロ汁がでるわでるわ税金どろぼーの公無員

あ~あ しんど

昨年10月12日、ブログUPしましたで。
10月11日までは、やる気満々で練習していた谷亮子が引退を決めましたな。
このブログが恐ろしい?!
何ででっしゃろなー。

答え No.2 (300人?)

わし難しいことはわかりまへんが

ジョン・レノンは現代のキリスト。

キリストを殺してしまうのが、人間。
どれだけ立派な教会を作っても、後の祭りをやっているだけ。

人間は、愚かな生き物。

キリストを殺したという事で、地球上に住む場所を無くされた民族がありました。
遠い昔にキリストを殺した本人達には当然の報いだが、そんな親のもとに生まれてきた子供にしみつく感情は、この地球に対する憎悪。
当人達の責任ではないから、当然でしょう。
人権を認められない人間がいきるためには、必死になって頭を使う。
ユダヤが頭がいいとされるのは、生き延びるために必死だった結果。

この憎悪という感情は、なかなかクセモノです。
あのアインシュタインでさえ、この感情には勝てませんでした。
スイスからアメリカへ行き、原爆を作らせ、人体実験へ。

ジョン・レノンはイマジンで、戦争も宗教もない世界を歌って、殺されました。

戦争と宗教がなければ困る人たちに殺されたのでしょう。

参照 http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20051108

キリストもジョンレノンもいまだに愛され続けるのは、なぜ?
多くの人たちには、救いがあったから。
救いが必要だと、実感できるからです。

愛からしか始まらない平和。

アインシュタインは、あんな老人になっても、舌を出していましたよ。
誰に向かって?

地球に対する愛を持てない300人?
この地球を壊す権利はありませんよ。
愚かな洗脳から解き放たれることを、祈ります。

北海道には、あなた達の手下に(家族を含む)に能力を落とされ、変態行為のかぎりをつくされ、脅迫され、24時間10年にもわたり、人体実験され続けている何の罪もない人物がいます。
原因を作った犯罪者の一人は、ほく電(泊原発)と黒いつながりのあるKOMABA.

3月17日、日本の大地震の最中に、クリントンは一期で引退すると言いました。
この女も犯罪者の一人ですからね。
”歴史的な毎日で、これ以上やりがいのある事は望めない。”だから辞める?

つづければー

自分達が騒ぎまくって、失敗したから逃げますとさ。
変態ニガーの手下のエロババアのクリントンの本心でしょう。
この女も、ごたぶんにもれずどんどん醜い顔になっていますね。

人体実験が大好きな国、アメリカ。
ビル・ゲイツのお仕事はな~にかな~

参照 http://www.asyura2.com/10/warb3/msg/333.html

ビル・ゲイツ、岡田幹事長、管、政治家すべてと言っても過言ではない、低能で凶暴なだけの犯罪者。
たたけば埃のでる奴ら。


カダフィつぶしに、国連がのりだしました。
イギリスとフランスは大のりき、アメリカも協力させられた?

スパイが必要な時代は終わっています。
アメリカでロシアのスパイがデカデカと表に現れ、のうのうと生き延びロシアに戻されている。

核もスパイも不要な現代、地球を壊して楽しんでいるのは誰ですか。

国民全員が被ばくするかという大惨事のこの時に、”責任の所在が不明確になるから”と言って協力を拒んだのは、谷垣自民党。

日本の大地震の後、アメリカは”自民党は国民を殺す政策をとってきた”とハッキリ言っていました。
そして、”この大惨事は、指導者の無能が原因だ”と言っています。
世界の一致した意見でしょう。

3月26日 アメリカでは新種の多剤耐性菌が広まっていると、abcが報道しています。
3月27日 イスラエルが日本にのりこんできました。

長くなるので次回へつづく (引用、トラックバックはご自由に!)

つつけばジュルジュルと汚ったねー腹グロ汁がでるわでるわ税金どろぼーの公無員

あ~あ しんど

世界ドミノ倒し

わし難しいことはわかりまへんが

昨年末日本周辺から始まった騒ぎは、アフリカ、中東へと一気に広がっています。

原因を作ったのはだ~れかな~

リークさせられた?アサンジが宇宙生命体についてリークすると報道したのは、CNN。
アメリカ政府も公表すると言いました。
アメリカが後生大事に隠し続けてきた、宇宙生命体とマインドコントロール

公表しなければならなくなった理由はな~にかな~

ウィキリークスとアメリカが騒いだのは昨年11月、その後約2カ月間の妙な沈黙の後、親米のエジプトで突然のデモ。
どんどん騒ぎが広がっています。
リビアのカダフィは、西側に裏切られたと言いました。
暴君カダフィは、オバマが大好き、アメリカに多額の横領公金をプールしていました。
戦争大好きのアメリカが、今回はリビア沖で様子見を決め込んでいました。
こんなオバマにノーベル平和賞をやったのは、中国の作家にやったのと同じで、ヨーロッパの強烈な嫌味だったのでしょう。
管が、中国の作家のノーベル平和賞受賞にコメントできないのは、中国以上に汚い事をこの国でやっているからでしょう。

沈黙の2カ月の間にスイスでは、アサンジに2枚のCDをわたした元銀行家が逮捕されています。

おや、スイスの金庫がカラになる?!

世界中が壊れていく中で、それまで無力と思われていた国連等が、ちらちら顔を出し始めました。

小泉が何者で、日本に何をやったのかは答えNo.1でUPしましたね。

ウィキリークスから始まった、世界ドミノ倒し、だ~れがやらせているのかな~

長くなるので次回へつづく

つつけばジュルジュルと汚ったねー腹グロ汁がでるわでるわ、税金どろぼーの公無員。

あ~あ しんど

リーク?

わし難しいことはわかりまへんが。

妙なのは、日本政府とマスコミだけでなく

吉永みち子氏が”私たち(マスコミ?)が必死になって現政権(民主党)をささえてやっている”と発言していましたが、その当のマスコミも異常さに拍車がかかってきましたね。

民放では、ジョン・レノンが平和活動家だったと、アメリカの残酷さ・世界の異常さを強調し、NHKでは、人体実験をやりまくってきたアメリカの、ベトナムでの枯葉剤のとんでもない被害実態を特集しました。
戦争突入にはたしたマスコミの役割検証番組もやっていましたね。

自滅作戦にでも変わったのでしょうか

異様なのは日本だけでなく

切っても切れない関係のアメリカでは

昨年11月、CNNが”ウィキリークスが宇宙生命体についてリークする。”と報道し、アメリカ政府も公表すると大騒ぎしましたが、その後妙な沈黙が続きました。
ウィキリークスがリークしたのは、不要になったらしい核の部分のみでした。
クリントンが世界中へ火消し面して飛び回りましたが、ドイツは"そんなもの、もう公表してもいい。”と言っています。

そもそも、ビル・ゲイツの国がハッカーされますか?
リークさせられた?

アサンジは、スイスに居て亡命したいとまで言っていましたが、妙なエロ事件でイギリスで逮捕されエレクトリック・タグとやらをつけられました。
逮捕後は、思考停止したと言われています。
彼の弁護士は、人体実験をしまくり戦争大好きのアメリカへ引き渡せば殺されると言っています。

イギリスに居る間に、リークしたらいだろうに、リークしませんな。
よほど、このエレクトリック・タグとやらが強烈なものなのでしょう


今、アメリカが小出しにしているのは、リークされて困るようなものではないチンケな小物。

な~にをかくしているのかな~



    長くなるので次回へつづく

このブログの下書きの後、東北で大地震が発生しました。
当初からマスコミは随分と冷静で、被害なし。
3月14日、マスコミは通常の報道状況に戻ったにも関わらず、どさくさにまぎれ13日に国会は自然休会を決めている。
無能をさらけ出し、逃げ場のなくなっていた性痔暇、閑僚、公無員にとって、目くらましのように都合よく起きた災害。

つつけばジュルジュルと汚ったねー腹グロ汁がでるわでるわ 税金どろぼーの公無員

あ~あ しんど

答え No.1

わし難しいことはわかりまへんが。


小泉に対する疑問の答えが、ひとつ見つかりました。

http://www.asyura2.com/10/lunchbreak41/msg/585.html

これだけで、この国の異様さのすべてが説明できるわけではありませんが・・・


つつけばじゅるじゅると汚ったねー腹グロ汁がでるわでるわ、税金どろぼーの公無員。

あ~あ しんど。

電波 つづき 3

わし 難しいことはわかりまへんが。

6月2日、クリーンな民主党になってもらいたいと言って涙目で辞めたHATOYAMAは、その後人知れず韓国・中国・ロシア・アメリカを走り回っていました。
これは、急に騒ぎ出した周辺国への事前訪問だったことになる。
自分では油代の継続の了承が得られないと妙なことを言い、これまた同じく涙目でお辞めになった安倍性痔暇もアメリカをご訪問。
外務大臣をさしおいて、な~にをしにいったのかな~
アメリカも沖縄に基地はいらないと言っていたそうですが、急に態度をかえたらしく、基地にいすわりつづけ日本から思いやり予算を吸い取り続けることにしたらしい。

アメリカといえば、最先端の技術(超最先端)は人体実験しなければ気が済まない国民性。
日本に対する原爆投下、ベトナムへの枯葉剤の散布しまくり、外国人囚人に対する性病ウィルスの実験注射。
自由の国アメリカの性痔暇のおやりになってきた現実。

アメリカのご執心はマインドコントロール。
この歴史は古く、オノ・ヨーコ、ジョン・レノンの頃までさかのぼるという。
宇宙人をかきあつめ、超能力者の研究にも莫大な時間と金をつぎ込んできたご様子。
現在は脳の働きはすべて研究解明されつくされている。
どこをどうすれば、どういう人体の動きがおこるかは、すべて解明済み。
つまり、心臓を動かすことも止めることも自由自在。

プラスアルファは、ビルゲイツの登場。

小泉がご執心の電波。
今ではアメリカは電波専門の飛行機を8機常時飛ばせ続け、世界をくまなくピンポイントでコントロールできるまでになったそうな。
コンピューターとオペレーターだけを乗せた、この飛行機のお仕事はな~にかな~
キッシンジャーは、日本とアメリカは切っても切れない関係になっていることは日本も理解している、そろそろ外交は自分でやったらどうだと言っています。
小泉とブッシュから始まった切っても切れない関係=電波つながり

電波なしでは成り立たない現代。
ケータイ、パソコン、ロボットは日常化しています。

E.Tは、アメリカ政府の要望でつくられた映画という説もありますね。
今年の話題作といえば、これまたアメリカ映画のインセプション。
もったいつけて発表された主題歌は、ピアフの水にながしてだそうな。
異様な行動をし続ける性痔暇、閑僚、公無員、メディア。

な~にをかくしているのかな~

北海道のある地域では、見たこともない数字だけのナンバーの普通車が目撃されています。

長くなるので次回へつづく

つつけば、じゅるじゅると汚ったねー腹グロ汁がでるわでるわ、税金ドロボーの公無員。

あ~あ しんど。
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。